マイダーツを購入する2大メリット

  • ダーツ用品には規格があることを覚えておきましょう

    • ダーツ用品の中でも矢の先端部分にあたるティップは消耗品になるため、予備を購入しておくことが大切ですが、消耗品なので安物で良いと考える人も多いのではないでしょうか。

      値段はともかくとして、ティップは自分が持っているダーツ用品の規格に合うものを選ぶことが大切で、規格外のティップを購入した場合、所有しているダーツ用品に取り付け不可能なケースもあるため注意しなければなりません。ティップはバレルに装着するパーツで、バレルの規格には2BAや4BAなどの種類があり、バレルが2BAであればティップも同一規格のものを選んでおく必要があるわけです。

      ダーツ用品のココだけの話をしましょう。

      2BAの規格品はティップをバレルに差し込むタイプ、4BAはバレルに覆い被さる感じになるタイプです。


      差し込むか被せるかのイメージを行えば、まったく異なる規格であることがお分かりではないでしょうか。



      2BAのティップは種類が豊富にある、初心者からプロまで幅広いプレイヤーに人気を持つもので、4BAのティップはバレルに覆い被せるイメージで装着する関係上、重心を前方に持って行ける特徴を持ちます。
      バレルなどのダーツ用品は長さや太さがありますが、ティップもショートやスタンダード、ロングなどのようにサイズが用意してあるのが特徴で、ショートタイプは短いなどからも折れにくさがあります。しかし、ボードに刺さった時の揺れが少ない反面、グルーピングには少々不利なタイプになります。



      逆にロングタイプはボードに刺さった時に、ティップから曲がってぶら下がるような傾向が起こりやすくなります。